the whole world is peaceful.

底なし沼のように大量で、延々と流れ続ける滝のよう
底なし沼のように大量で、延々と流れ続ける滝のよう
底なし沼のように大量で、延々と流れ続ける滝のよう
Lee ‘Scratch’ Perryパーフェクトガイド Part 1 | Magazine | Red Bull Music Academy Japan
タイプ、デリート、コピー、ペーストなどを通じて新しい行が画面に作成されると、それに対応する音楽が鳴った。
タイプ、デリート、コピー、ペーストなどを通じて新しい行が画面に作成されると、それに対応する音楽が鳴った。
タイプ、デリート、コピー、ペーストなどを通じて新しい行が画面に作成されると、それに対応する音楽が鳴った。
Algorave:ライブコーディング+ダンス? | Magazine | Red Bull Music Academy Japan
大きな炉、けばけばしい陶器、どうにか食へる夜食、渋い葡萄酒、少々ごはごははしてゐるがさつぱりした敷布のかゝつた馬鹿に大きな寝台――それで沢山だ。」
大きな炉、けばけばしい陶器、どうにか食へる夜食、渋い葡萄酒、少々ごはごははしてゐるがさつぱりした敷布のかゝつた馬鹿に大きな寝台――それで沢山だ。」
大きな炉、けばけばしい陶器、どうにか食へる夜食、渋い葡萄酒、少々ごはごははしてゐるがさつぱりした敷布のかゝつた馬鹿に大きな寝台――それで沢山だ。」
ボードレール 富永太郎訳 計画
私の魂はこんなに軽々と旅をするのに、なぜ私の身体の居場所を変へなければならないのだらう! 計画だけでも充分な快楽だのに、何でその計画をやり遂げようとするのだらう?」
私の魂はこんなに軽々と旅をするのに、なぜ私の身体の居場所を変へなければならないのだらう! 計画だけでも充分な快楽だのに、何でその計画をやり遂げようとするのだらう?」
私の魂はこんなに軽々と旅をするのに、なぜ私の身体の居場所を変へなければならないのだらう! 計画だけでも充分な快楽だのに、何でその計画をやり遂げようとするのだらう?」
ボードレール 富永太郎訳 計画
「面白い」芝居とは、少くとも、俳優が、独立して、舞台を闊歩せねばならぬ。脚本が、個々の人物に砕けて、俳優の中に融け込んでゐる状態から、「演劇」が始まるのである。
「面白い」芝居とは、少くとも、俳優が、独立して、舞台を闊歩せねばならぬ。脚本が、個々の人物に砕けて、俳優の中に融け込んでゐる状態から、「演劇」が始まるのである。
「面白い」芝居とは、少くとも、俳優が、独立して、舞台を闊歩せねばならぬ。脚本が、個々の人物に砕けて、俳優の中に融け込んでゐる状態から、「演劇」が始まるのである。
岸田國士 稽古のしかた
「けふは ぼくはすこし あたまが どうかしてゐるらしい。もういたづらは やめよう。」
「けふは ぼくはすこし あたまが どうかしてゐるらしい。もういたづらは やめよう。」
「けふは ぼくはすこし あたまが どうかしてゐるらしい。もういたづらは やめよう。」
村山籌子 けが を した おほかぜくん
一台やり過した次の車も満員なので、ニーナは待ちかねて、やっと車掌台へ片足かけ、顔をあおむけて、
「みなさん! もう少し詰めて下さいヨ! 私これに乗らなけりゃ工場へおくれるんですから!」と叫んだ。両手で金棒につり下ってやっと自分も車掌台に立っている労働者が、
「おい、一足ずつくり合わしてくれ! さもないと娘さんがふり落されるぞ!」と陽気にどなった。
「オーイ、今日は女の日だ! 詰めろ、詰めろ!」
一台やり過した次の車も満員なので、ニーナは待ちかねて、やっと車掌台へ片足かけ、顔をあおむけて、
「みなさん! もう少し詰めて下さいヨ! 私これに乗らなけりゃ工場へおくれるんですから!」と叫んだ。両手で金棒につり下ってやっと自分も車掌台に立っている労働者が、
「おい、一足ずつくり合わしてくれ! さもないと娘さんがふり落されるぞ!」と陽気にどなった。
「オーイ、今日は女の日だ! 詰めろ、詰めろ!」
一台やり過した次の車も満員なので、ニーナは待ちかねて、やっと車掌台へ片足かけ、顔をあおむけて、
「みなさん! もう少し詰めて下さいヨ! 私これに乗らなけりゃ工場へおくれるんですから!」と叫んだ。両手で金棒につり下ってやっと自分も車掌台に立っている労働者が、
「おい、一足ずつくり合わしてくれ! さもないと娘さんがふり落されるぞ!」と陽気にどなった。
「オーイ、今日は女の日だ! 詰めろ、詰めろ!」
宮本百合子 ソヴェト同盟の三月八日
其所には障子の開いた台所の口があつて、内から青白い灯が射して物の気配がしてゐた。登は女が其所で何かしてゐると思つたので覗いてみた。台所の流槽の傍に女が向ふ斜に立つて、高くあげた右の手に黒い長い物をだらりとさげてゐた。登はなんであらふと思つて注意した。それは黒い鱗のぎらぎらとしてゐる大きな蛇で、頭を切り放したらしいその端の切口から赤い血が滴つて、それが流槽の上に置いたコツプの中へ溜つてゐた。登は頭が赫となつて足にまかせて逃げ走つた。
其所には障子の開いた台所の口があつて、内から青白い灯が射して物の気配がしてゐた。登は女が其所で何かしてゐると思つたので覗いてみた。台所の流槽の傍に女が向ふ斜に立つて、高くあげた右の手に黒い長い物をだらりとさげてゐた。登はなんであらふと思つて注意した。それは黒い鱗のぎらぎらとしてゐる大きな蛇で、頭を切り放したらしいその端の切口から赤い血が滴つて、それが流槽の上に置いたコツプの中へ溜つてゐた。登は頭が赫となつて足にまかせて逃げ走つた。
其所には障子の開いた台所の口があつて、内から青白い灯が射して物の気配がしてゐた。登は女が其所で何かしてゐると思つたので覗いてみた。台所の流槽の傍に女が向ふ斜に立つて、高くあげた右の手に黒い長い物をだらりとさげてゐた。登はなんであらふと思つて注意した。それは黒い鱗のぎらぎらとしてゐる大きな蛇で、頭を切り放したらしいその端の切口から赤い血が滴つて、それが流槽の上に置いたコツプの中へ溜つてゐた。登は頭が赫となつて足にまかせて逃げ走つた。
田中貢太郎 雑木林の中
取り出したのは一個の小さい皿――紅皿である、呀と思つて見て居ると、唾に濡した小指で其紅を融かし始めて二度三度薄からぬ脣へ塗りつけた。そして、チョイと恥かしげに繁の方に振向いて見た。
 繁はビク/\と其身を動かした。
 お夏は再び口紅をつけた。そして再び振向いて恥かしげに繁を見た。
 繁はグッと喉を鳴らした。
 繁の氣色の稍々動いたのを見たのであらう。お夏は慌しく三度口紅をつけた。そして三度振向いた、が、此度は恥し氣にではない。身體さへ少許捩向けて、そして、そして、繁を仰ぎ乍らニタ/\と笑つた。紅をつけ過した爲に、日に燃ゆる牡丹の樣な口が、顏一杯に擴がるかと許り大きく見える。
取り出したのは一個の小さい皿――紅皿である、呀と思つて見て居ると、唾に濡した小指で其紅を融かし始めて二度三度薄からぬ脣へ塗りつけた。そして、チョイと恥かしげに繁の方に振向いて見た。
 繁はビク/\と其身を動かした。
 お夏は再び口紅をつけた。そして再び振向いて恥かしげに繁を見た。
 繁はグッと喉を鳴らした。
 繁の氣色の稍々動いたのを見たのであらう。お夏は慌しく三度口紅をつけた。そして三度振向いた、が、此度は恥し氣にではない。身體さへ少許捩向けて、そして、そして、繁を仰ぎ乍らニタ/\と笑つた。紅をつけ過した爲に、日に燃ゆる牡丹の樣な口が、顏一杯に擴がるかと許り大きく見える。
取り出したのは一個の小さい皿――紅皿である、呀と思つて見て居ると、唾に濡した小指で其紅を融かし始めて二度三度薄からぬ脣へ塗りつけた。そして、チョイと恥かしげに繁の方に振向いて見た。
 繁はビク/\と其身を動かした。
 お夏は再び口紅をつけた。そして再び振向いて恥かしげに繁を見た。
 繁はグッと喉を鳴らした。
 繁の氣色の稍々動いたのを見たのであらう。お夏は慌しく三度口紅をつけた。そして三度振向いた、が、此度は恥し氣にではない。身體さへ少許捩向けて、そして、そして、繁を仰ぎ乍らニタ/\と笑つた。紅をつけ過した爲に、日に燃ゆる牡丹の樣な口が、顏一杯に擴がるかと許り大きく見える。
石川啄木 葬列
彼は就任すると共に、実に多くの有能な委員会を組織して、その凡ての委員会の構造の中核に、自分の身を没してしまった。決して彼は英雄とはならなかった。凡ての図書館職員が英雄となることによって、更に彼を拒否した図書館界の人々を英雄とすることによって、彼の全委員会は立派に任務を果たし、彼はその全運営の聴き役となることによって、大改革を遂行したのであった。そして、彼がこの国会図書館を去ってみると、そこには全く新しい型の、未来の意味における英雄のおもかげが、ホーフツとそこにフェードアウトしながら、映画における最も印象的な推移で、姿をあらわしている。
彼は就任すると共に、実に多くの有能な委員会を組織して、その凡ての委員会の構造の中核に、自分の身を没してしまった。決して彼は英雄とはならなかった。凡ての図書館職員が英雄となることによって、更に彼を拒否した図書館界の人々を英雄とすることによって、彼の全委員会は立派に任務を果たし、彼はその全運営の聴き役となることによって、大改革を遂行したのであった。そして、彼がこの国会図書館を去ってみると、そこには全く新しい型の、未来の意味における英雄のおもかげが、ホーフツとそこにフェードアウトしながら、映画における最も印象的な推移で、姿をあらわしている。
彼は就任すると共に、実に多くの有能な委員会を組織して、その凡ての委員会の構造の中核に、自分の身を没してしまった。決して彼は英雄とはならなかった。凡ての図書館職員が英雄となることによって、更に彼を拒否した図書館界の人々を英雄とすることによって、彼の全委員会は立派に任務を果たし、彼はその全運営の聴き役となることによって、大改革を遂行したのであった。そして、彼がこの国会図書館を去ってみると、そこには全く新しい型の、未来の意味における英雄のおもかげが、ホーフツとそこにフェードアウトしながら、映画における最も印象的な推移で、姿をあらわしている。
中井正一 組織としての図書館へ ――マックリーシュの業績――